忍者ブログ

Nana-Blog

忍びの国

嫁さんがみたいっていうので見てきました「忍びの国」。

以下感想。

舐めてたら予想以上に面白かった本作品。それもそのはず、これには原作が存在していて、NINJAではなくてちゃんと忍びとして描かれていたからですね。

映像部分ではNINJA部分がちらほら見えたんですが、そこは誇張表現として目を瞑れる範囲。それより、ここまで忠実に忍者の術やらなんやらを、話の根幹において表現してきた作品は珍しいように思います。

こりゃあもっとるろうに剣心の追憶編のようなシリアス全開な作りにしたら、もっと引き込まれただろうなあと。

これだよ、これが忍びだよ!って思うと同時に、ほんと忍屋は忍びじゃねえなって再確認する形となってしまいましたね。うん、知ってたんだけどさ。ほら、でもやっぱり、悔しいというか悲しいよね。

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
26 27 28 29 30

検索

ログイン

月別アーカイブ